FC2ブログ
何度泣いただろう 何度傷つけたろう
その只中でも愛は 少しずつ背を伸ばして
光が見えてきた ゆっくりと白く
見違えるほどに 君は明るさ取り戻し

さあ手を差し出して 僕をぎゅっと握って
もうどこも見なくてもいい ふたりのゴールがはじまるから

瑞々しいまま 熟れたその頬を
そっと指先で ふれて涙ぬぐって
記憶の底まで 濡らしていたもの
全て何もかも 流し捨てて欲しい

さあ確かな足取りで 僕だけ頼って
もうつなぎとめるものは 融けて空に太陽が昇る

さあ手をつなごう 僕の熱を感じて
もうさびしくなんかないだろう? ふたりのゴールがはじまるよ
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://laso.blog38.fc2.com/tb.php/96-29c00870