FC2ブログ
2006.04.09
勇気を出して訊いた「僕ら傷つけあうため生まれたんじゃないよね」と
君は顔を左に傾げ 数直線をただ遡って泣いた

皮革(レザー)や彫金(シルバー)、紺(インディゴ)のように
時と僕の汗で君は変色(かわ)らないから
ひと足先に明日へ出かけるよ 昨日はもう塗りかえられない

外套を忘れた夜のように 君も季節に裏切られたんだね
夜空を臨んだ僕の頬にも 流れ星ひとすじ落ちた
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://laso.blog38.fc2.com/tb.php/80-6baa8749