FC2ブログ
2005.12.12 A Mother
8月の長い夜 僕は意識覚ました
家族に付き添われDr.の診断仰ぎに歩いた
Dr.は言った「少し休みなさい」と
疲れが足まりちょっと躓いただけ
そんな風に自分に言い聞かせた

病棟で出会ったあなたは 飾らない女性だった
誰にも優しさ以て接する 大いなる母性と毅然な正義感
とても素敵な人柄を 誰もが慕ってた

2月のある時 あなたはここに来たという
この先何ヶ月後に 出られるか知らないという
ここに来た理由は隣人とのトラブル
あなたの正義感を 逆手に取った悪意のある
「一市民からの通報」がきっかけだった

そんなトラウマに あなたは怯えてた
「また同じことになったら、どないしよ…」
行間にそう無造作に散りばめ 溜息洩らしてた

僕のヴァケイションの様な 入院生活は
瞬く間に過ぎて あなたに さよならを告げた

この先何ヶ月経ち あなたはここを出て
どこかでひっそりと暮らすらしい どうぞご自愛して
僕はもうここに来ないけど ずっと祈ってるよ
君と成長した息子が 安らかに過ごす時が来ること
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://laso.blog38.fc2.com/tb.php/48-9ee4875f