FC2ブログ
少年は無味乾燥な毎日に不満を持っていた
変えたかった変わりたかった
ただ安穏な日々を過ごす仲間とは
徒党を組まず手を切りたいと洩らす

少女は学校へも行かず部屋の中ベッドから
見える空の移ろいを
ただ見つめるだけ病を患い
一人も友達訪れることなく

少年は放課後に駅への人混み掻き分けて
歩いてく当てもなく何かにひきずまれるように
小さな空き地を見つけて塀に身体を委ねて
小石を拾い向いの家 窓を破る

少女の足元にはガラスの破片が散らばり
瞬間に外を覗くと少年と目と目が合った
咄嗟にカーテンを閉めると溜息をつき
破片を拾い集めた

少年は翌日アルバイトへ行くためくぐったアーケードの中
花を見つめ微笑む少女を見つけ見つめていた
少女は手のひらに包帯していたガラスで切った痕だった
少年は少女が見ていた花を全部買い彼女にあげた

幸せそうに微笑む少女を少年はずっと見送った
罪滅ぼしのつもりが何故かいいことをしたように思えた
少年は毎日の味気ない生活を少し忘れてた
少女との出会いが彼を中から変えていった
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://laso.blog38.fc2.com/tb.php/46-beb7c357