FC2ブログ
2006.09.01 独りのベッド
夜が更けてふと目が覚めて つまらないこと思い出してる
2人過ごしたたくさんの日々 もう戻ってなんかこないのかな

流石に自分に嫌気が差し どうでもいいって布団を被る
眠れないのにどうするの? 考えすぎて変になりそう

独りのベッドは 今夜も半分冷たいままで
思わず飛び出し 煙草の煙ぷかりと吹かす


こんな所にはもう2度と 戻ってこない筈だった
2人交わしたたくさんの愛 そしてたくさんの憎しみ

気持ちはまるで変わらないけど もう想ってもしようのないもの
置き去りのままの温もりも冷めて 痛みが胸を打つだけ

今は独りのベッドで あの日君は悪戯に笑って
温かい指先 ずっと僕を撫でてくれると
疑わなかった あの夜君を繋ぎとめていた
そう信じてたけど 僕なんかに君を縛れなかった…
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://laso.blog38.fc2.com/tb.php/135-2695969b