FC2ブログ
2006.05.18 再会
ホーム・パーティをするから来てと 楽しみにしているからネと
期待されたところで 僕の気持ちは揺らぎまくって 親指を噛む
友達には戻れないと それでも別れは罪ではないと
言い聞かせて確か 僕らは日々を更新すること やめたはず
何人も証人立てた上で 君の恋人は僕ですなんて
雰囲気を作って 事実を成そうとしてるんじゃないの?
足取り重く それでもワインとチーズを揃えてしまった

インター・フォンに向かって名乗ると 心待ちにしていたんだヨと
手首を掴まれそのまま 僕はリヴィングで下を向いて お辞儀をした
何人かの人と握手をし 簡単な会話を交わし
少し飲んでちょっとだけ酔って 新たな君との日を更新して 繋がってしまった
自然な流れのまま 僕と恋人のように振る舞う君は
溜めてた過去の 欲求を満たしたい満たされたい
指の先まで 僕を縛りつけ振り向かせたいと思っているんだね

宴は最高潮 僕の腕をクリンチして傍に引き寄せて
頬にキスした 数ヶ月のブランク埋めようと必死に
傷つけてごめん やっぱり何にも感じないよ今更
ほんとにごめん やっぱり来るべきじゃなかったね今夜
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://laso.blog38.fc2.com/tb.php/107-caa448ba