FC2ブログ
君へのハートが溶けてしまうほど茹だる午後
ビルの壁にもたれ雷雲の到来を待ち望む

遠いそれはあの日の2人の涙のように
一瞬に流れては乾いていってしまうだろう

そんな災いの様な暗さを孕んだ低い空に
今は囲まれてしまいたいここで何もできないより

どうか僕を生温い風でべたりと撫でてくれないか
この身体にもう一度生の土砂降りを呼び起こして
スポンサーサイト



2006.08.19 未完の友情
小さな偶然から始まって 今もまだ形を成さない
だけれど僕らの友情は もう意味があるよ まだ立てないかい?

繰り返しの毎日 繰り返しの気分それでも
生命は繰り返せない もう戻れないし まだ逝けないのさ

傷を受けたなら泣けばいい 大きな声で
抑えつけてもそれは乾きはしないから

早く気付いてすぐ後ろに待っている明日に
僕の世界の構成要素が崩れてしまうから