FC2ブログ
2007.05.28 帰り道
帰り道君と出会えた偶然 ゆらゆらと君のバッグが揺れてる
沈黙と沈黙の間に言葉は浮かび 痛いほど干からびて君に刺さる
相手が他の誰かなら良かったのに 爪先まで鼓動で苦しくなるよ

上り坂君は僕に微笑む 俯いて少し早足で歩くよ
沈黙と沈黙の間に言葉は浮かび 繕うようにして僕は君に手を振る
この角で曲がっても家に着かないのに 風の中鼓動を整えたくて

ごめんね ごめんね これ以上一緒に過ごしたなら
ごめんね ごめんね おかしくなってしまうだろう
言いたいこと知りたいこと とてもたくさん積み重なって
ごめんね ごめんね 明日帰り道を変えるかも知れない
スポンサーサイト



2007.03.14 方舟
こんな小さな方船に 僕の夢は詰み切れなかった
君を救い 誰にも邪魔されない遠い惑星(ほし)で

微笑しあいながら過ごしたかった 嘲笑の波掻き分けて
理由はまるで分からない 崩れ去った選民思想の

もう愛のいらない世界 それぞれが見つめ始めた
何か罪を犯しただろうか 世紀を跨ぎ警鐘(かね)は鳴り続ける


荒れ狂う洪水の中 探り当てる時間はもうないのかい?
諦めるなんて発想(おも)い 過っても僕は被りを振らない

いちばん大切な人には いつだって傍で愛していて欲しいから
酷い雨の様に暈を増した 喝采の渦に立ち止まらないで

現実の波に飲み込まれないで それぞれが見つめ始めた
違った陸(おか)はまたいつか 心と一緒に繋がるのだから

さあ漕ぎ出そう 逃げる為ではなく
さあ漕ぎ出そう 不要なものを捨てる為だよ
2007.01.24 大海(うみ)
ここにもたくさんの知り合いができて
僕にもたくさんの友情を交わせた
けれどもそうなると僕は何故だか
窮屈を感じ旅立ちを決めた

大事な人を捨てて
自分を脱ぎ捨てて
あてもなく大海(うみ)に
漕ぎいでんとす

転覆したこの舟に放り出されて
君のしがみついた丸太を探した
疲れた指には金色のリング
闇夜に鈍くそっと輝いてた

大事な人を危険に
曝して警鐘(けいしょう)を鳴らして
果てのない大海が
僕を試している
2006.12.07 Baby
Baby 許して欲しいんだ 僕は君をひどく傷つけたけどまだ愛してる
Baby もう一度欲しいんだ 優しい抱擁そして熱く甘いキス

自分勝手は分かってるつもり ただ後悔の気持ち消えないから

Baby お願い欲しいんだ ただ君の愛で包まれる時間が
Baby 行かないで欲しいんだ 毎日の忙しさの中君の記憶
2006.12.07 Get The Truth
お前はいつも正論しか言わないが 道を外さずに真実は得られないんだよ
本当に大事な事は 理性(こころ)が溶けないと見えてなんか来ないだろう?

それに気付いてそこに潜り込んで この上ない快楽を知ろう
それを恐れている間はいつまでも 青臭いモラリスト

Get The Hidden Truth!

壁をぶち破る事を 説明できない気持ちを 恐れるな
いつまでもオクテな どこまでもいい人な 皮を剥げ
僕の愛が分からなくなって ただモヤモヤ胸の中
何も見えなくなってしまって 君を苦しませたりした

それでも君は待っていてくれて ただひたすら耐え続け
季節が変わり始めた頃 君は泣いてばかりだった

許す事を知らないあの頃の僕は ただ追い詰めてばかりいたね
嫌いになった訳じゃないのに


許して欲しいんだどうか 愚かな男を
愛を見つけられずに ただ苦しんでいた

それでも時間は経って 気持ちも変わってゆく
再び好きと思えた日 君は誰かを見始めた

許す事を知らないあの頃の僕は 君を追い詰めてばかりだったね
もう戻れないだろうか…
2006.10.26 胸の中の平和
僕らの幸福感は どうしても揺らぎやすい
壊れてしまえば 強がりも砂塵のように吹き飛び

心の奥まで喪失感で 昼と夜の区別が
つかないほどに 凍える風が轟々と荒れまくる

胸の中の平和を どうか掻き乱さないで
胸の中の平和を 誰も侵してこないで


オールを流されて 川面に取り残された
僕の心の中は いつまでもそんな風に

ぽつんとしょぼくれて ただ暗闇の中
冷たい水を 凍える手でゆらゆらと掻いてゆく

胸の中の平和を 濁さないよう慎重に
胸の中の平和を 川底から拾い上げて
微かなコロンのノート さっきまで君が座ってた 
シートから漂う 車内に今は僕ひとり

次にある約束を 交わすことないまま
ふたりは孤独という 眠りについた

君の温もりも次第に僕のそれに取って代わる
新しい始まりと終わりを君も決めかねている

またね さよなら
ようこそ ありがとう

何度か交わされた言葉の様に

その肩を抱いた時
この手をほどいた日

こんな事も繰り返されるのだろうか
伸ばしたこの手を払いのけて 君は社会の渦に飲み込まれていく
豪気に笑い激しく怒り ひどく頑ななアイデンティティ支えて

昨日の涙など振り向かない 壊れ行く人間関係(リレイション)恐れない
社会通念にもひるまない 突き上げる感情(エモーション)抑えない

明日が見えなくても希望は捨てるな THE ADULT CHILDREN
虚ろな姿や憂鬱は似合わない YOU ARE THE CHILDREN
愛さえ手放して悪さえ手懐けて THE ADULT CHILDREN
夢も見なくても現実が首絞めても YOU ARE THE CHILDREN