上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なかなか会えないのに 近場のビーチで過ごしたヴァケイション
なかなか言い出せない想い テトラポッドが青く染まってく

君に伝えるチャンスはしゃっくりみたい 繰り返しやって来るけど
邪魔しているのはプライド? それとも臆病風?

見せたいよ僕の心の中まで全部 大好きな君のことも嫌いなとこも
アクセル踏んでもホイールスピンしてる 大切な言葉 月夜の元で
スポンサーサイト
2007.05.28 誘惑
心の壁をぶち破れば キスでも何でもできちゃうけど
その後どうなるかなんて 誰もわからないから臆病になる
リザルトを恐れるな それを奪い取れ!

見違えるほどに綺麗になってたあの娘 媚薬は解き放たれてた
COOLに自分を抑えていたら つかめないSATISFACTION
よく見ろよあの瞳は お前を狙ってるのさ

陳腐な壁をぶち破って 恋でも何でも捕まえなきゃ
AFTER9は腕の中 手なずけてやれ勝利を奪え
誘惑をやめるな マナー違反だぜ!
2007.05.28 帰り道
帰り道君と出会えた偶然 ゆらゆらと君のバッグが揺れてる
沈黙と沈黙の間に言葉は浮かび 痛いほど干からびて君に刺さる
相手が他の誰かなら良かったのに 爪先まで鼓動で苦しくなるよ

上り坂君は僕に微笑む 俯いて少し早足で歩くよ
沈黙と沈黙の間に言葉は浮かび 繕うようにして僕は君に手を振る
この角で曲がっても家に着かないのに 風の中鼓動を整えたくて

ごめんね ごめんね これ以上一緒に過ごしたなら
ごめんね ごめんね おかしくなってしまうだろう
言いたいこと知りたいこと とてもたくさん積み重なって
ごめんね ごめんね 明日帰り道を変えるかも知れない
2007.05.28 再会
夕暮れ長く伸びた2つの 影がひとつに重なる
1週間ぶりに見た光景 どこか違和感まとわる

温もりも柔らかさも いつもの君から注がれるのに
淋しさや強がりが それを伝えないのは何故?

涙よあふれないでこれ以上 何も見えなくなるよ
切なくさせないでこれ以上 君以外見えなくなるよ


少し風が涼しくなって 僕らの影も傾き
ふたたび出会えた時間の 終わりを知らせてる

このままでさよならしていいの? このままで君を離せない
優しさも微笑みも 感じないならよかったのに

涙よあふれないでこれ以上 何も見えなくなるよ
切なくさせないでこれ以上 君以外見えなくなるよ…

2007.05.28 不器用な男
最近人間関係が、上手くいっているように感じるのは
ただの錯覚かサクセスの予感か、ちんけな神のみぞ知ることなのか

壊れそうな友情
儚げな愛情
どちらか持っていられるなら、何を選ぶだろう

抱いていたい夢を
揺れていたい君と
不器用な男に、決断は迫る

時間じゃ割り切ることはできない
どこかへ走り、何かを見ぬ振りするだけさ
今日はどんな一日だった? 心動かす何か出会えたかい?
あいつとうまくやっているかな? 誰かを傷つけず過ごせたかい?

返事はなくとも 君が上手く生きてること
わかっているから もう手紙も必要ないね

この星の軸のように 僕だけがここに止まってる
足元の涙の跡は 消えているのに


朝と晩を繰り返して 少しだけ背丈も伸びたみたいだ
困惑と開き直りの間に 不器用な出会いを詰め込んでいった

胸の奥の傷も 包まれる喜びさえも
気づかぬうちに 薄らいでいくね淋しさも

この海の向こう側 生きる君よりもずうっと
幸運にめぐりあいたい 負けないように
2007.05.24 覚醒の後
僕たちが信じた自然はビオトープに過ぎなかった
またひとつ大人の言う事が信じられなくなった
あの空も地平線も段ボールで作られている
君の生命も毎朝電池を換えてるんだろう?

近すぎる平和 遥か彼方の戦火
どちらもリアルやシリアスで語れない

飼い馴らされるのが嫌なら真実を見抜け
つまらない文明利器(おもちゃ)に現抜かさず
淋しさを感じたら手を取りあって
「本当」の意味を探そう

ひとり泣いても無駄さ…
2007.05.15 Coming The Timing
針のない時計の上に 佇んでいたYesterday
罪の鎖に繋がれて 壁を破れずにいた
理由(わけ)を思い出したんだ 進んでいく事の
笑顔重ねるたびに 君が近くなる

今をひとつくぐって 次の瞬間を抱きしめたい
それを待っているTiming 計っていられないもう

淋しさはもうないさ 確かな愛の色が
見えた気がしたから そこまで疾るだけさ
丘まで登って見る ここまでの足跡は
深く刻み込まれてる ひたむきな分だけ

迷うことなく 飛び込んでゆけるさ君に
2007.03.14 方舟
こんな小さな方船に 僕の夢は詰み切れなかった
君を救い 誰にも邪魔されない遠い惑星(ほし)で

微笑しあいながら過ごしたかった 嘲笑の波掻き分けて
理由はまるで分からない 崩れ去った選民思想の

もう愛のいらない世界 それぞれが見つめ始めた
何か罪を犯しただろうか 世紀を跨ぎ警鐘(かね)は鳴り続ける


荒れ狂う洪水の中 探り当てる時間はもうないのかい?
諦めるなんて発想(おも)い 過っても僕は被りを振らない

いちばん大切な人には いつだって傍で愛していて欲しいから
酷い雨の様に暈を増した 喝采の渦に立ち止まらないで

現実の波に飲み込まれないで それぞれが見つめ始めた
違った陸(おか)はまたいつか 心と一緒に繋がるのだから

さあ漕ぎ出そう 逃げる為ではなく
さあ漕ぎ出そう 不要なものを捨てる為だよ
2007.02.24
君に再び逢える日が来るといいな 波打ち際で手を繋ぎたい
髪も伸ばしてピアスもキメて ミステリアスな男を演じたい
でも抱き合っちゃったら何も関係なくなるね
陽光の下でその髪に触れたい キスは怖くてできなくてもね
体重ねただけで すべて分かり合えるかな
途切れた時間は繋がるよ 思い出よ甦れ
君が寝惚けてハグするから 光の漏れるカーテン
開けられなくて仕方がなく TVをつけた
ワイドショーなんか替えるなよ 小さな罪をひたすら
広げるだけのプロデューサーの 差し金に心落とすな

気になってしょうがないカーテンの向う側
僕と君の真実はそこに見えるよ

今日をふたり覗こう どんなにハッピーか
青い空は真っ直ぐ 明日に繋がってる
2007.01.24 大海(うみ)
ここにもたくさんの知り合いができて
僕にもたくさんの友情を交わせた
けれどもそうなると僕は何故だか
窮屈を感じ旅立ちを決めた

大事な人を捨てて
自分を脱ぎ捨てて
あてもなく大海(うみ)に
漕ぎいでんとす

転覆したこの舟に放り出されて
君のしがみついた丸太を探した
疲れた指には金色のリング
闇夜に鈍くそっと輝いてた

大事な人を危険に
曝して警鐘(けいしょう)を鳴らして
果てのない大海が
僕を試している
2007.01.14 日曜の夜
日曜の夜 みんなは明日が早いと どの窓見ても 明かりを消している
日曜の夜 何故だかとても人恋しい 窓を開けて 降る雪と戯れる

明日世界が動き出すまで じっとしてなんかいられない 誰か待ってる?

日曜の夜 ラジオも終わっちゃった 隣の隣の国の音楽が聴こえるよ
日曜の夜 雪だし誰もつかまらないし コンビニでカプチーノ買ってえぐえぐ帰ろう

泣いてなんていない 寒くて震えてるだけ 日曜の夜だから
2007.01.14 GET RESULT
寒い舗道(みち)ビルの谷間に 浮かんだ君の笑顔(かお)
まだはっきりくっきり 思い出せるよ
最近手紙出さないのは 終わる為じゃない
少しくらい 充電も必要だから

ぽっかり淋しく開いた穴を
もう一度君の優しい気持ちで
埋めて欲しいんだ

今頃誰かに寄り添っているのかな?
素敵な女になって帰ってきてよね
もう少ししたらまた君にたくさん愛を贈るよ
アクションを起こして君(リザルト)を奪うよ
2006.12.17 Stupid Boy
たった一度のすれ違いで 僕らは別々の人生を歩く事に
そう思ってたけれど それ自体が間違いだったね

君を大切にせず僕は 何度も傷付けていた
それにずっと怯えながら 君の気持ちは徐々に遠くなった

電話を切って胸が痛みながらも これは悪い夢だと
言い聞かせて明日も 君からのメール山ほど届くと信じてる
ただの梵な男さ僕は
I Still Lovin' You...I Love You Forever...'Cause I Am Stupid Boy
2006.12.07 Baby
Baby 許して欲しいんだ 僕は君をひどく傷つけたけどまだ愛してる
Baby もう一度欲しいんだ 優しい抱擁そして熱く甘いキス

自分勝手は分かってるつもり ただ後悔の気持ち消えないから

Baby お願い欲しいんだ ただ君の愛で包まれる時間が
Baby 行かないで欲しいんだ 毎日の忙しさの中君の記憶
2006.12.07 Get The Truth
お前はいつも正論しか言わないが 道を外さずに真実は得られないんだよ
本当に大事な事は 理性(こころ)が溶けないと見えてなんか来ないだろう?

それに気付いてそこに潜り込んで この上ない快楽を知ろう
それを恐れている間はいつまでも 青臭いモラリスト

Get The Hidden Truth!

壁をぶち破る事を 説明できない気持ちを 恐れるな
いつまでもオクテな どこまでもいい人な 皮を剥げ
君は均(なら)された豊かな大地に 優しい手でそっと
埋め込まれた湿った種ではない 荒くれだった岩に
身を潜め芽吹きを待っている それに気付いて早く
過酷な山野に逞しく育ち 陽光を浴するんだ
そして花を咲かせよ 誰よりも高く
ひとりでも強く 誇りを持って
僕の愛が分からなくなって ただモヤモヤ胸の中
何も見えなくなってしまって 君を苦しませたりした

それでも君は待っていてくれて ただひたすら耐え続け
季節が変わり始めた頃 君は泣いてばかりだった

許す事を知らないあの頃の僕は ただ追い詰めてばかりいたね
嫌いになった訳じゃないのに


許して欲しいんだどうか 愚かな男を
愛を見つけられずに ただ苦しんでいた

それでも時間は経って 気持ちも変わってゆく
再び好きと思えた日 君は誰かを見始めた

許す事を知らないあの頃の僕は 君を追い詰めてばかりだったね
もう戻れないだろうか…
2006.10.31
いちばん大切なものを わかってるつもりなのに
ならばどうしてそれを 大切にできないのか

もう2度とは戻らないね 2人の距離は
つまらない意地を張って 次第に離れていった

昨日は好きでも 今日は嫌い
そんな脆い 絆なんてない

初めから僕らのそれには
ヒビが入っていたのさ

それでも僕はまだ握っているよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。